アウトプット大全 感想

 アウトプット大全についての感想です。もう読んだ、という方もたくさんいらっしゃると思います。私がブログを始めるきっかけの一つになった本です。

  • 著者の紹介
  • 内容紹介
  • 感想

の順に書いていきます。

著者の紹介

 この本の著者は精神科医の樺沢紫苑先生。樺沢先生はこの本の出版当時、

  • メルマガ毎日発行13年
  • facebook毎日更新8年
  • youtube毎日更新5年
  • 毎日3時間以上の執筆11年

などなど、凄まじい量のアウトプットを続けて来られた方です。これだけのアウトプットを行っていて、

  • 基本18時以降は働かない
  • 月10本以上の映画鑑賞
  • 月20冊以上の読書
  • 月10回以上の飲み会

なども行うという・・・ホントすごい方ですね。

そのような生活を送っている方が行っているアウトプットが一体何なのか、興味を惹かれ読み始めました。

内容紹介

 まず、そもそもアウトプットって何?というところから始まります。この本では、

  • インプット・・・読む、聞く
  • アウトプット・・・話す、書く、行動する

と定義され、インプットとアウトプットのバランスを整えることで、自己成長を加速させることができると述べています。

 そして、アウトプットの基本法則、話し方、書き方、行動力について述べ、最後にアウトプット力を高めるトレーニング法について述べる、という流れになっています。

感想

 最初の方で、「嫌われる勇気」を読んだ人に「アドラー心理学とは何か?」という質問をしたらほとんどの人が答えられなかった、と書かれています。本を読んで、情報をインプットするだけで終わってしまう。そして定着しない。まさに自分のことだと思いました。読書に限らず、インプットして「自己満足」で終わってしまう・・・今までの私はそんな感じでした。

 アウトプットに関しては、それほど重要なものとは思っていませんでした。例えば勉強では、

「ただ参考書を読むより、紙に書いたり、問題解いたりした方が覚えるなあ」

というように、なんとなく認識してた程度。しかしこの本を読んで、アウトプットは

  • インプットで終わらず、「現実世界」を変える為に必要なもの
  • 工夫次第で自己成長に大きく関わるもの

ということが分かりました。「一冊の本で3つの気づきを得られたらいい」というようなことが書かれていますが、この本を読んで、自分にとっては数え切れないくらいの気づきがありました。それらを全て実践していくのは無理なので、まずは

  • 読書感想を書く
  • ブログで情報発信
  • 日記を書く

この3つから始めてみようと思います。そして、できることを少しずつ増やしていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました